インターネットを使った宣伝の基本戦略 【SEOの基礎知識】

今回は週末起業プログラムでも言及されているインターネット宣伝の基本戦略である「SEO」についてかんたんに紹介します。


ネットを使った宣伝って結局何をすればいいの?

結論から言うと「ホームページを作って購買意欲のある人に向けた記事を購買意欲のある人が調べそうなキーワードを含めて作っていく」ことです。

そうすることでGoogle検索されたときに上位表示され、ページ閲覧数が増えます。

すると信頼が増えて宣伝力が増すということです。

現にこのホームページもその戦略で記事を書いています。

ではその手順を少し詳しく解説。


購買意欲のある人に向けた記事とは?

ここがかなり大事で、他のSEO解説サイトや教材なんかでは「キーワード選定」とかって書かれたりしています。

どんな記事でも書けば売れるわけではなくて、たとえば「ユーキャンの週末起業講座プログラム」を売りたいとします。

そこで 「ユーキャンの週末起業講座プログラム」 という商品があります!おすすめです!という記事を書くのはあまり購買につながりません。

なぜなら 「ユーキャンの週末起業講座プログラム」 の購買意欲がある人はわざわざ商品の紹介をされなくても存在をすでに知っているからです。


ならばどういう記事が購買につながるのか?

答えは「口コミ・評判」です。


つまり 「ユーキャンの週末起業講座プログラムって興味あるけど実際にお金を払って取り組む価値があるのかな?」 と思っている人に向けて記事を書くわけです。

もちろん価値がないのにとても有益ですなどと書くのはダメです。

実際の感想をいい面もよくない面もしっかり伝えてあげるのです。

それを読んだ上で「これは良さそう」と思った人が購買してくれます。

最後の後押しを手伝ってあげる記事を書くことです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする