週末起業にちなんで「副業としておすすめの仕事」せどり編

副業として王道のひとつなのが転売業務、いわゆる「せどり」です。

今回はせどりの基本的な始め方を調べてみました。


せどりを始めるには

基本的に用意するのは「仕入れ先」「販売のプラットフォーム」です。


「仕入先」を選ぶポイント

かんたんに挙げるなら「ディスカウントストア」「セール開催するショップ」です。

ドンキホーテやイオンモール、ブックオフなど。

そこで値引きされている商品を買って仕入れるイメージです。


「販売のプラットフォーム」はどう用意するか?

かんたんに挙げるなら「Amazon」で売るのが手軽です。

ほぼ王道ですね。

アカウントもすでに持っている人が多いでしょうし、プラットフォームとしてAmazonの信頼はすでにしっかりあります。

そのほかにも最近だとメルカリヤフオクが主戦場になっているようです。


もし自分でネット上にショップサイトを作って販売していくつもりならネットショップ用のサイト作成サービスがあります。

有名なのが「BASE」「STORES.jp」です。

本格的に商売として経営していくつもりならネットショップをつくるほうが自分のブランドをつくれるので有利だと思います。

<br>

利益は分けるより運営に回して大きくしていく

小さく小遣いを稼ぐ程度なら利益はそのまま貯金にしたり遊びにつかったりするといいですが、基本的にせどりは「利益をさらに運用していく」商売です。

利益をさらに大きくしていくにはこの発想が必要です。

なぜなら「小さい利益を貯めつづけるのは労働の時価価値をあげられない」からです。

ようするに労働に対する利益が上がりません。

労働に対する利益を上げるためには「売上をさらに仕入れと販売、宣伝に使って信頼を増やして顧客を増やしていく」必要があります。


利益が出るまでは我慢の時間が必要

せどりに限らずどんな事業でもそうですが、「始めてすぐに利益がでて右肩上がりに成長していく」わけではありません。

まれにそうやって成長曲線を描くパターンもありますが、ほとんどの場合「最初の利益が出るまで」がもっとも時間はかかります。

「利益が出る⇛売り上げるコツを感覚で理解する⇛利益を伸ばしてく」

このパターンを意識しましょう。

つまり最初の我慢の時期に消極的になってやめてしまわないように、つらくても売り上げる感覚がわかるまではがんばってみましょう。

いちど感覚をつかんでしまえばあとは二次曲線的に伸びていきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする